注文住宅って何?

注文住宅とは間取りや備え付ける設備、室内の雰囲気に建物の外観など全てにおいて施主の希望を反映させることが可能な住宅です。主に工務店や設計事務所に依頼することによって、設計を行うことになります。一戸建ての場合において、すでに完成している建て売り分譲住宅では、自分達の家族構成や生活スタイルに合うものが見つからないケースが多々あります。それでも工夫して住むのとひとつの手段ですが、注文住宅による建設によって、住みやすさを追求したオーダーメイドの住まいを手に入れることが可能となるわけです。 とはいえ、建材や設備などを自由に選べることができる反面、そのこだわりによっては設計や建設の費用がかなり高額になることもあるものです。そこで現在人気を集めているのが、ハウスメーカーが提供しているローコストによる注文住宅です。これはハウスメーカーならではの利点を活かすことによって、様々な効率化やコスト削減によって建設費用を抑えたものとなります。 規格化された建材を使用したり、設計もその建材の使用を前提としたものとすることによって、かなり費用を抑えることができるわけです。そのローコスト化の流れを受けて、工務店や設計事務所でも様々な工夫がなされています。天然素材による建設にこだわることで、ハウスシックなどアレルギーを心配する人の支持を得たり、特殊な形状の土地でも住みやすさにこだわった家を提案したりするものとなります。

 
>

RECOMMENDED

注文住宅のメリット・デメリット

注文住宅を建てることを決めたら、まずは設計士と相談することになるでしょう。ここと決めたこだわりの工務店の方と相談することもあります。住宅建設とは別にそれなりの金額がかかることは認識しておくといいでしょう。「リビングが広く」「天然石を多く使いたい」「間取りはこうしたい」などまずは自分の希望を具体的にまとめてから相談に臨むと設計士も提案がしやすく、限りのある時間を有効に使うことができます。 また予算をあらかじめ決めておくのも大事です。あとあと追加で増えることも多々あるので余裕を持った予算を伝えるようにしましょう。希望と予算が合わないように感じても、まずは希望を伝えればその予算の中でできることを提案してくれることでしょう。 万が一話し合いを続けてしっくりこない場合は他の設計士の方に変更するのも考えます。一度建てるとその後に変更するのは難しい箇所もあるので少し言いづらくても思い切って変更し、自分のフィーリングと合った設計をしてもらえるようにしましょう。 設計が決まったらいよいよ建設です。こだわりがあるのでちょくちょく見に行くことはいいことです。現場の邪魔にならないように建設している人と会話し、また少し長居する場合は飲み物だけでも差し入れを持っていくと喜ばれるでしょう。万が一気になることがある場合はその場で言える些細なことは指摘してもいいでしょうし、あやふやな場合は設計士と連絡をとり再度確認します。途中での変更はままあることですので納得のいく我が家ができるようにできるだけのことを行いましょう。